色んなことがありました。

お久しぶりです。

ようやく一息ついて、日記を書けるようになりました。

 

色々とご報告することがあります。

まず、ベイビーについて、両親に報告し、すごく喜んでくれて、

マタニティウェアなどを買って喜んでいたのですが、

里帰り先の病院で検診すると、なんと心拍が確認できず、

稽留流産との診断でした。

数日前に出血がありましたが、それが兆候だったのかもしれません。

 

母親もいたため、ショックを見て取れましたが、

涙をこらえて、平常心で乗り切りました。

家族に報告し、父親も絶句していましたが、

掻把手術のため、のんびりもしていられず、淡々と手続きが進みました。

さすがに、診断を受けた当日の夜は、

お腹のベイビーを思って涙しましたが、翌日からは、仕方がないと思い、

次に向けて頑張ろうと前向きな気持ちになりました。

 

手術を受けてから、安静にし、実家でのんびり楽をさせてもらい、

しばし妻であるとういう現実に目を背けながら生活していました。

 

夫の元へ戻るやいなや、夫のご家族が続々と来日、

それもそのはず、私達の結婚式を控えていたのです!

 

たくさんしてきた質問や打ち合わせがようやく報われる瞬間、

当日の髪型、メイク、進行など、上手くいくのか心配していましたが、

まぁまぁ、満点とまではいきませんが、納得できるものでした。

色々と感動したり、感極まったりしながら、何より参加してくれた方々に

楽しんでもらえたことが嬉しかったです。

 

たくさんのプレゼントをもらい、家族って温かくて素晴らしいものだと

改めて実感し、たくさんの人に支えられていることに感謝しました。

 

結婚式の準備で忙しくしていたので、流産の直後のタイミングで

良かったのかもしれません。うじうじと考えることもないほど、

時間があっという間に過ぎていきました。

 

夫の家族にも参加してもらえて、久しぶりに会えて、

とてもとても貴重な時間を一緒に過ごせました。

 

これからも、引き続き妊活も頑張っていきますので、

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

ナチュラルなマーメイ