【Vol.2】妊婦日記

行ってきました、産婦人科

 

妊娠検査薬で陽性反応が出たとは言っても、

子宮外妊娠の可能性や赤ちゃんが無事に育っているのかどうかは、

やはり医者に診てもらわないことには分かりません。

 

まだ新しいところで、徒歩20分弱で行けるので、

インターネットで見つけたところに決めました。

 

ドキドキしながら到着。

問診票を埋めて、トイレに行って、

待つこと5分くらいで、名前が呼ばれました。

 

先生登場の前に、助産師さんが問診票を確認しながら、

必要事項を入力。

ポヨヨーンとした先生がやって来ました。

おとぼけさんみたいな、優しそうな物腰柔らかそうな先生。

 

話もそんなに無く、では診察室へということで、

隣の部屋へ。

 

出た!よく見たり聞いたりする、特殊な椅子!

腰掛けていると、じゃあ椅子を動かしますとのこと。

上の方にカーテンがあって、パーテーションのように

区切られていたので、見えないんだろうなとは思っていましたが、

椅子が動いて、足を開くと、うん、全然見えない。

 

思っていたよりも、足が上に上がって頭が少し下がり、

ちょっとしたアトラクションみたい。

 

膣にひんやりしたものが挿入され、

リラックスしてくださいと言われ、意識してリラックス。

その甲斐あってか、痛みはありませんでした。

 

いわゆるモノクロの画面が映し出され、黒い丸い形の中に

白いものが浮かび上がります。

脈を打ってます!

少し速めのスピードで、なんだかクリオネちゃんみたい!

 

生き物が自分の身体の中にいるということに、ただただ不思議でしたが、

とても可愛らしかったです。

 

本当に自分だけの身体ではないんだなと痛感。

いつも、ちょっとした道路の信号無視は当たり前でしたが、

そんなに急ぎの用事があるわけでなし、今後は待とうかなという気にもなります。

 

先生にいくつか質問をして、

不安を少し取り除いてもらい、安心して帰宅。

空を見上げ、にまにましながら、ベイビーのことを考えながら帰りました。

 

夫にも報告し、エコーの写真を見せてあげました。

二人で喜び合い、早く両親にも報告したくなります。

 

来週実家に帰るので、その時に待ちに待った孫の誕生を

サプライズで伝えるのです!

やはり、電話ではなく、直接両親の顔を見て報告し、

驚く顔をしかと見届けたい娘心であります。

 

どんな顔するのか、どんな喜び方をするのか、今から楽しみです。

 

ベイビー、みんなであなたの誕生を今から心待ちにしているからね❤

 

 

 

ナチュラルなマーメイ